○追伸

追伸

院長の写真

ここまで当院のホームページをご覧頂きありがとうございます。
最後に、自分が施術に関して心がけていることをお話します。

私はこの仕事は、コップに溜まっている水を捨てることだと思っています。
このコップとは、来院される方の身体のことで、溜まっている水は疲れなどです。

人は毎晩溜まった水を捨てて、空になったコップで翌朝を爽やかに迎えます。
疲れが取れないというのはコップに溜まっている水が、休んでも捨てきれずに残ってしまっている状態で、それがコリなどの不快感として表れます。

さらに進むと水がコップからあふれ出し、痛みとして現れます。
そこで私がプロの技術でそれを捨ててリセットし(=施術)、蛇口を締めて水の落ちる量を減らし(=原因ややり方を特定して取り除く)、コップを大きく(=トレーニングなどで筋肉を鍛える)していきます。

また、一人ひとりのお話をじっくり聞くことも心がけています。
私の施術は、こちらの理想を押し付けるのではなく、不調に悩む方の現実に即してベストに近づけることだからです。

これから何をしようとしているのか、その目的は何なのか、今何をしているのか、その効果はどんなものなのかなど、ほとんど実況中継のように話しながら行っています。
同時に、痛みが出ていないか、我慢していないか、くすぐったくはないかなどの反応をみたり、聞いたりしています。

身体が不調で絶え間ない痛みにさらされていると、精神的にも参ってしまいます。
改善に向かわれた方の表情がどんどん明るくなるのを見て、希望や実感というのがどれだけ大切かということを、私も皆様から教えていただいています。

身体は生きている限り新陳代謝を繰り返し、日々新しい自分に変わっています。
プラスの変化を楽しむ心で、一緒に変わっていきましょう。